知っておきたい車検の時のポイント

車検は新車であれば3年、以降は2年毎に受けることを義務付けられていてそのたびに多くのお金が必要となるだけに、時期が近づくと頭を悩ませてしまう人も少なくありません。しかし、車にのるためには必ず受けなければならない検査であり、時期が決まっているわけですからポイントを抑えて事前に準備をしておけば出費を抑えることができたり、予想外の出費になってしまったということは避けられます。お金がかかるイメージがありますが、知識があれば検査自体にはほとんどお金がかからないということを理解することができます。どのような部分に費用が発生するのかを理解しておけば、検査の前に手を打ちやすくなりますから、仕組みやかかる費用というものを理解しておくようにしましょう。

車に問題がなければかかる費用はほとんどが税金と保険料

車検というのはお金がかかるものというイメージがあるものの、検査にかかる費用というのは数千円のもので、あとはほとんどが税金となります。必ず発生する費用としては検査にかかる費用と自賠責保険料、自動車重量税があり検査費用だけでは内検査にかかる費用というのは微々たるものなのです。後はさらにディーラーに任せていたりすれば検査の代行料が発生したりして出費が増えますが、これもそこまで大きいわけではないので、検査をパスするだけであればどこで受けても大きく変わるということはありません。絶対支払わなければならない費用のことを法定費用と呼び、これはどのような場所で受けても変わることはなく、逆に言えば最低限必要な費用とも言えるのでこの金額を覚えておくと予算をつけやすくなります。

整備代によって費用が高くつくことになる

車検自体というのはそこまでお金がかかるものではないのですが、実際には法定費用以上の出費も発生します。それが整備代でこれがあるからこそ、多額のお金が出ていくというイメージがついてまわっているのです。2年に一度の検査ですから消耗品を交換するにも適当な時期であり、ついでに整備をすることになります。法定費用に加えて整備にかかった費用が追加されてしまうと、金額が大きくなってしまうように感じますから、車検は高いというイメージに繋がるのです。日頃から整備をしていて検査の時には特に整備の必要がないということになれば、かかる費用は最低限のもので済みますから、結局は普段から細かい整備をしてまとまった出費を減らすかあるいは検査の時期にまとめて整備をしてまとまった金額が出ていくかの違いになります。

立会車検なら安くて安心の車検が受けられます。 車検を行うお暇がない方ほどご覧下さい! 車検切れ、でも時間がない方へ。速太郎なら最短45分で車検を完了。 ご優待特典!60歳以上の方は、検査料3,150円割引させて頂きます。 最短45分のスピーディーなお客様立ち合い車検を行っているので、その場で質問・説明ができ、無駄な費用を省いた明快な価格設定がされています。 車検の依頼はネットでしよう