どのタイミングで車検を行えば良いのか

自動車を所有しており公道を走らせている人は、必ず車検を受けなければなりませんが、どのぐらいのタイミングで法定点検を行うかは人によって若干異なるところがあります。もし点検を受けなければ、法律に違反することになってしまい免許証の点数が引かれるでしょう。点数が引かれたときには、単純に点検を受けていないことに対して減点されるのではなく、同時に自賠責保険に入っていないことでも点数をひかれるためほぼ免停状態になると思って間違いないでしょう。どのタイミングで点検を行うかは、人によって良いタイミングがありますのでよく考えながら日程を選びましょう。例えば点検を受ける場合は、前回点検を受けた時の1か月前後になりますが、その中でも必ず都合が悪い時と都合がいい時があります。その点をよく考えて点検を受けるべきです。

基本的に2カ月間ならいつ受けてもそれほど変わらない

前回の車検の日が5月1日だとしたら、2年後には4月1日から6月1日までのちょうど2カ月間点検を受けることができるようになります。この間にいつ受けてもよいのですが、特に4月1日に点検を受けたとしても期間が縮むわけではありません。つまり、再び2年後に点検を受ける時は3月1日から5月1日までの間に点検を受ければいいわけではなく、4月1日から6月1日までの間に点検を受けることになるため早めに点検を受けておいても、次回から点検の日がずれて損をするわけではないことを知っておきましょう。法定点検を受ける時には、日程が決まり次第早めに予約を入れておくことが必要になります。基本的にいつでも予約を入れることができるほど暇な会社であれば問題ありませんが、たいていの自動車会社は日程が詰まっていることが多いですので、少なくとも1カ月前には連絡をしておきましょう。

車を売却する時にどのタイミングで売るか

車を売却する時には、早めに売却をして2年に一度の法定点検を受けないようにした方がお得なのか、それとも売却する前に一度受けてしまいそのあとに売却した方がお得なのかで迷う人も多いでしょう。結論的に言えばケースバイケースになりますが、基本的に車検を受けたからといってその分高く売却できるわけではないことを知っておくべきです。法定点検を受ける場合には、確かに高いお金がかかりますが、それを売却したとしてもその分だけお金が戻ってくるとは限りません。なぜなら、法定点検を受けたとしても長い間自動車が売れなければその分の価値が下がってしまうからです。そうだとすれば、法定点検の前に売却をしてしまったほうがよいです。一方で、高級車や人気のある自動車の場合はすぐに売れる可能性が高いため車検を受けた後に売却した方が高く売れることもあります。