比較して選ぶのがおすすめの車検

マイカーを持っているのであれば避けられないのが2年に一度やってくる車検です。自分の自動車の安全を確保するためでもありますから、日頃から意識している方も多いことでしょう。やらなくてはいけないことですが、料金も5~10万円ほどは軽くかかってくるので頭が痛い問題です。作業をしてもらえる場所もディーラーや一般の整備工場だけでなく、ガソリンスタンドやカー用品店なども選択肢に入れられるようになったので、満期が来る前に比較して選ぶようにすると料金も抑えられる様になります。何となくいつものお店で連絡が来たから出すのではなく、見積もりも複数のお店でしてもらい、作業内容と料金のバランスが取れているのかどうかをチェックしましょう。時間も費用も無駄なく愛車の点検をしてもらえます。

どのように料金が決まっているのか

とにかく車検は高いものだと考えがちですが、見積もりを取ると意外にお店によって差があるのも分かります。基本的に料金は法定費用という自賠責保険と重量税、印紙代から成る部分と、基本料金である検査料や整備代、代行手数料などで構成されています。基本料金の部分が各業者で違ってくるので、一式と記載されている場合にはどのような作業になっているのか、無駄な部品交換などがないかきちんと確認して記載してもらうと良いでしょう。見積もり自体はWEBで手軽にできるようになっていますから、そちらを利用して一括でまとめて行って比較すると簡単です。しっかりと自動車を見て数字を出してほしい時には、気になるお店に直接持ち込んで相談をしてみましょう。直前にやろうとすると慌てて選ぶことになりますので、余裕を持って比較を行うことがポイントです。

自分が重視したい部分を考えよう

車検ができるお店はたくさんありますが、見積もりを取るとやはり誰もが少しでも安いお店を選びたくなるのではないでしょうか。それでももちろんいいのですが、安心して自動車に乗り続けるために行うことを忘れてはいけません。ある程度車にも詳しいのであれば、フランチャイズの専門店や代行なども利用して格安に仕上げるのも節約になりますが、機械に触れるのがあまり得意ではないという場合には多少値段が高くなってもディーラーでしっかりと点検をしてもらう方が結果的に安くなるという場合もあります。他にも代車の準備や自動車の配送など、作業前後のちょっとしたことではありますがどのように手配してくれるのかは聞いておいて、じっくりとどこでやってもらえばベストなのかを検討してみて下さい。